ホーム>事業内容>ネットワーク部門<電力>


      ネットワーク<電力>
                                                       



      情報通信システムは社会インフラの一つとさえ言えるまでになりました。そして、この情報通信システムを根底で支えているのが電力設備であり、常に安定した電力の供給は絶対条件となっています。 NTTや携帯電話基地局などにおけるさまざまな通信設備には、多様な電力設備が対応していますがこれらを無停止稼動させるための電源設備も不可欠です。電力部門は、受配電設備、発電設備、蓄電池設備をはじめとした各種設備の設計・監理および施工、試験・調整、さらには撤去・移送工事まで、トータルに事業を展開。情報通信システムのライフラインである電力の安定供給を支えるため、これまで培ってきたノウハウを駆使しています。





      ●高圧及び低圧受配電設備工事

      ●自家用発電設備工事

      ●蓄電池設備他各種電源設備工事

      ●高圧及び低圧受配電設の設計・監理及び試験・調整

      ●自家用発電設備の設計・監理及び試験・調整

      ●蓄電池設備他各種電源設備の設計・監理及び試験・調整